So-net無料ブログ作成
検索選択

郵政上場のNTTやリクルートに比べた規模について [日本郵政の時価総額に関する情報]

日本郵政と傘下のゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3社が
11月4日に東証1部に同時上場します。

親会社と子会社が3社同時に同じ市場に上場するのは史上初です。

ところで、この郵政上場は2015年最大の大型案件とされていますが
時価総額では、郵政が東京証券取引所に提出した資料を基にすると
日本郵政グループ3社合計で約13兆円との試算がされています。

東京証券取引所過去最大規模の上場というと
1987年のバブル最盛期に上場したNTT株になります。

1987年上場当時のNTT株の時価総額は約18兆円に達しました。
郵政は3社上場での時価総額ですので単純に比較はできませんが
1987年当時の日経平均から現在約6割の水準となっていることを
考えるとやはり、郵政上場は過去最大級の規模の上場ということになります。




最近の東証での大型上場というとちょうど1年前の2014年10月に上場した
就職情報サービスのリクルートがありますが
その上場時の時価総額は約1兆6000億円でしたので
今回の日本郵政グループはその約8倍の規模に相当します。

日本郵政の大株主である政府は売却益を東日本大震災の
復興支援の資金に充当する計画です。

そうした観点から考えると、上場時の日本郵政の時価総額は
出来るだけ高い方が好ましいともいえます。

ただ、いわゆるチャイナショックで8月以降、東京株式市場は
ジェットコース―ターのような相場となっていますので
時価総額の試算13兆円が11月4日に想定通りに推移するか
どうかは、米国の利上げの時期を含め不透明といえそうです。

同じ公益企業であったJT(旧日本専売公社)JR東日本(旧国鉄)
は上場後、JTは株価が5倍、JR東日本は2倍になっています。

特にJTは今や全事業におけるタバコのウエイトは約2割と
上場を機に事業内容が劇的に変化しています。

日本郵政は成長性について疑問符がつけられていますが
JTやJR東日本のような成長企業に転換できるのかどうか注目したいと思います。




nice!(0) 
共通テーマ:

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。