So-net無料ブログ作成
検索選択

日本郵政上場株の抽選に当選するポイントとは? [日本郵政株の購入方法に関する情報]

★日本郵政上場株の抽選に当選するポイント
日本郵政上場株(IPO株)の取り扱いをする証券会社
幹事証券の野村証券、三菱UFJスタンレー、大和証券、日興SMBC証券
等、約60社に及びます。

どの証券会社でも抽選の上、購入者を決定すると表明していますが
全ての会社で宝くじや年賀はがきの抽選のように
厳格に行われているわけではありません。

証券会社がいうところの抽選とは名ばかりで
お得意様に優先的に配分するという会社は少なくありません

従って、日本郵政のIPOの抽選に当選するためには まず、証券会社のお得意様になることです。
具体的には人気がないIPOの時も積極的に申込んだり
預り資産を増やしたりして、証券会社から大切な客だと思ってもらえる
ような関係を証券会社と築くことです。

リアルの証券会社なら、担当の営業マンと仲良くなり
営業成績の向上に寄与してあげたりすることを積み重ねていけば
営業マンも人間ですから”今度のIPOはいつもお世話に
なっているあの人に”と思ってもらえるようになります。

幾らなんでも、今から口座を開設して、証券会社や担当の営業マンと
信頼関係を結んで、日本郵政上場株(IPO株)を優先的に回して
もらうというのはとても間に合いません。

日本郵政だけでなく今後、公開されるIPO株を購入希望であれば、
今回を機に証券会社と信頼関係を築いていくことをお薦めします。




★日本郵政上場株の抽選に当選するポイント②
ポイント1でご紹介した方法は資金や資産に余裕のある人向きでした。
残念ながら資金に余裕がないという場合は
今回、日本郵政上場株が多く配分される
主幹事証券である野村証券や三菱UFJスタンレー証券、大和証券等に
口座を開設して、「当選確率を高める」方法です。

極端な話、主幹事証券数社に口座開設して、それぞれの証券会社から
購入申し込みすれば、当選確率がアップすることが可能です。

要するに数撃てば当たるという方法ですが
日本郵政株を上場前にどうしても手にしたいのであれば、
実行する価値はあると思います。

ただ、その際、完全平等抽選を標榜している証券会社だけに
口座を開設することがポイントです。






nice!(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。